" クルマを売るタイミングの注意点

査定額ダウンのタイミングに注意

クルマ 買取

■売ると決めたらできるだけ早く売る

クルマに限りませんが、中古物件は時が経てば経つほど評価額が下がります。

クルマも例外ではなく古くなればなるほど査定額は低くなるというのが通常の姿です。

ですから一般論としては、クルマを売ると決めたら、ぐずぐずせずにできるだけ早く売るというのが賢いやり方です。

どうしようかとあれこれ考えたり悩んだりしているうちに、愛車の査定額は一日一日下がっているのだという認識を持たなければなりません。

更にクルマには、他の中古物件には無い評価ダウンのタイミングというものがあります。


■「年式落ち」を避ける

売るクルマが市場に出回る時期が年内になるか年明けになるかで10万円もの違いが出かねないのが「年式落ち」の問題です。

11月や12月の時期にクルマを売ろうとしている場合は十分に注意する必要があります。

売却する時期が12月上旬を過ぎたりすると市場に出るのが年明けになり、それだけで年式の違いによる査定額大幅ダウンの可能性が大きくなります。

「忙しいし、一括査定を申し込めば数日で査定が終わるからまだ時間がある」と思っているうちに愛車が「年式落ち」の査定ダウンを被らないように気をつけてください。


■モデルチェンジの時期に気をつけよう

クルマのモデルチェンジの時期も査定額に大きな違いをもたらします

フルモデルチェンジはもちろんマイナーチェンジがあっても査定ダウンは免れません。

モデルチェンジの情報は車情報誌やネット情報で知ることができますので、クルマを売ろうかなと考えたらまずはその車種のモデルチェンジのスケジュールはどうなっているのかをチェックするのがいいでしょう。


■大幅ダウンのタイミングに注意してできるだけ早く売る

結論としては、表題のように年式落ち・モデルチェンジといった大幅査定額ダウンのタイミングに注意して、できるだけ早く売るのが良いということになります。

更に、次のような車種による査定額の季節変動を頭に入れておけば、クルマを売るタイミングで後悔することを避けられるでしょう。

・寒冷地の需要やスキーシーズンが近づく9月ごろから4WD車の相場が上がり始める。

・転勤や入学の多い春先は通勤・通学のためのコンパクトカーや軽クルマの需要が増える。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


<車のよもやま話>
ネットでは残価設定ローンの車を売ることができるのか?という疑問が結構多いようですね。
基本は通常のローンと同じでローンを全額返済して清算しなければなりません。


中古車 一括査定の時の注意ポイント

このページの先頭へ